試乗 メルセデスベンツ C200ステーションワゴン アバンギャルド スポーツ

最近Cクラスが熱い。
装備はどんどん良くなって
スタイリングも良くなって
サイズも以前より大きくなって。
Cというのはクラスではなく、
単なるサイズだけ、と感じる。
小さな高級車だ。
もちろん、次の購入候補。
早速試乗に出かけた。
試乗車はC200ステーションワゴン
アバンギャルド スポーツ。

シートはなかなか。
白ステッチが高級感を出してる。
座り心地もいい。

インパネ周りもなかなか。
ステアリングは他のクラスを含め
殆どの車種で共通しているので
クラス替えしても全く違和感が無い。

この部分の品の良さ。
高級感もある。
はっきりいってCLSよりいい。
最近Cの内装を見ると
かみさんのCLS400の
内装が負けてると感じる。
時計もいいし、
手元の操作系もいい感じ。

そしてC180クーペのときに
ショックを受けた
パワーシートの4つのスイッチ。
CLSは3つ。
何度見ても悔しい・・・
Sクラスと構成が一緒。
スピーカーもついている。

後部座席は意外にゆったり。

トランクも満足の470L。
シートを倒せば大容量。

後ろ姿。
ノーマルのアバンギャルドも
マフラーはアルミ仕上げだが、
リアスカートは無い。

ノーマルやノーマルの
アバンギャルドには無いのが
このヘッドアップディスプレイ。
写真中、白い線で囲んだ部分。
私は運転中に殆ど見ることは無かった。
多分慣れか・・・

比較表をつくってみた。
試乗車はC200ステーションワゴン
アバンギャルド スポーツだったが、
比較表はC180のアバンギャルドと
スポーツの比較とした。
C200の排気量は1991ccなので
パワーやトルクは上だが値段も高い。
例えばC200ステーションワゴン
アバンギャルド スポーツは628万円。
C180のノーマルのアバンギャルドが
550万円なので、78万円アップ。
C180の同タイプは596万円なので、
予算的にC180の同タイプという
ことなら、32万円のアップなので
射程範囲に入るのかもしれない。
スポーツは全長が25mmだけ
ノーマルより長いので
なんとなくお得感有り。

尚、C180の受注生産モデルは
480万円と安いが、装備は
最低限なので見た目だけを
重視する人にはいいのかもしれない。

c%e3%83%af%e3%82%b4%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%83%e3%82%af




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!