アルカナイズの思い出 with E250アバンギャルド(2)

アルカナのディナー。
ダイニングルームの素晴らしさに息をのむ・・・

ディナーの最初は金目鯛、
キャビア、 雲丹。
燻煙を楽しみながら
スモークされた金目鯛をいただく
という趣向・・・すごいな・・・
あわせた飲み物はヴィルマール。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91

そしてまた驚きが自家製キャビア。
キャビアをそのまま調達して
卵をアルカナイズで塩漬けにしたもの。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%92

名物の一つと言える60種類もの野菜が
盛られたサラダ「大自然・伊豆の輝き」

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%93

一番気に入った蕪と赤座海老と毛蟹。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%94

黒トリュフをつかった鮮魚の包み焼き。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%95

私はクロワゼ鴨。
つけあわせは
驚愕の16種の地元のキノコから選んだもの。
1本しか入らなかったという
超レアなもみの木茸まで。
グラスの赤をとる。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%96

かみさんは伊豆牛のロースと頬肉ワイン煮。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%97

フロマージュ。
モンドールは当然。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%98

チョコレートに舞茸のテイスト・・・

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%99

大人のモンブランは
渋皮煮をゼラチンで固めたものまで・・・

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%ef%bc%90

飲みきれなかったワインは部屋で。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%8a%e3%83%bc%ef%bc%91%ef%bc%91

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!