伊豆癒しの旅 with CLS400(その3)赤沢迎賓館(食事)

待ちに待ったディナータイム。
部屋も露天も素晴らしいけど
食事はどうか・・・

食事は個室。
案内されてまず感激。
チェックインの際に
宿帳に誕生日の欄が
あったので書いただけ。

誕生日は少し先だったのに
かみさんへのメッセージと
可愛らしい花束が・・・
かみさんはご機嫌。

<先付>
鱧の子玉〆 三つ葉
万願寺唐辛子
黄身餡 鰯風味

<前菜>
菊菜と菊花の白和え 削り唐墨
鮎の甘露煮 白舞茸 千寿葱
丁子麩の酢味噌和え くこの実
蕪八方煮 銀鱈と北あかり
芽かぶ 秋鯖寿司

かみさんが白ワインを所望。
ということでシャブリで。

<椀物>
土瓶蒸し
松茸 鱧 日向鶏
銀杏 紅葉麩
酢橘 三つ葉

松茸がザクッと
切られていた。
普通はスライスだけど。
結構こんなことで
喜んだりする。

<お造り>
季節の地魚盛り合わせ
あしらい一式

お造りが来ると
やっぱり日本酒・・・
久々に磯自慢の吟醸を。
なんか日本酒の好みが
元に戻った???
コクのある旨口ばかり
飲んでて磯自慢から
離れていたけど、
磯自慢、旨い・・・

この冷酒セット
とてもいい。

<お凌ぎ>
フカヒレの茶碗蒸し
べっ甲飴 葱油

<焼物>
合鴨のスモーク アボガド
のどぐろの塩焼き 酢橘 茗荷

<煮物>
海老芋 賀茂茄子 蛸柔煮
玉南瓜 モロッコ隠元 柚子

<食事>
松茸の炊き込みご飯
京漬物 赤出汁

<水菓子>
ラフランス 水晶文旦 ミント

夜食のおにぎりが・・・
嬉しい・・・

食事は品数の多さ、
一つ一つの美味しさ
盛り付けの美しさ
何もかも抜群。
和食系でこんな満足は
伊豆の海以来かもしれない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!