2017新年会旅行(その4) 赤沢迎賓館(食事)

<夜のお食事>

旬菜 聖護院蕪 雲丹味噌
   河豚の白子焼 芹のきんぴら 柚子

前菜 帆立の酒煎りと根三つ葉の山葵浸し いくら 焼き海苔
   厚焼玉子 小鯛笹巻寿司 合鴨松風 鰊昆布巻き 芽慈姑
   黒豆 子持昆布 梅人参 松葉刺し

椀物 花びら仕立て 真鱈 大根 京人参 牛蒡 新筍 菜の花 柚子

御造り 季節の地魚盛り合わせ あしらい一式

お凌ぎ フカヒレ入り卵豆腐 車海老 チンゲン菜
    花びら百合根 旨み出汁 生姜

焼き物 鰆白柚庵焼き 酢橘 茗荷 焼たらば蟹 青味大根
    あけがらし 和牛サーロイン 木の芽味噌

煮物 伝助大根のスープ煮 里芋 丁子麩
   鰻の八幡巻き 絹さや

お食事 五穀ご飯 京漬物 赤出汁

水菓子 季節の果物

そして、お夜食のおにぎり
言うことなし。
丁寧な仕事、丁度良い塩加減、火加減、美しい盛り付け
あの部屋でこの金額でこの食事、と考えると言うことなし。

<朝食>

たっぷりの新鮮野菜が嬉しい

これで飲める、くらいの朝食
食事はこれまで宿泊した和系旅館の中で
最もバランスがいいと思った。
勿論、さらなる美しさ、美味しさということになると
例えば岡山の旅館くらしき、伊豆高原の伊豆の海
あたりだが、旅館くらしきは部屋が好みでないし、
伊豆の海は部屋はまあ普通だけど風呂がちょっとな・・・
ということで総合的に見れば赤沢迎賓館のバランスが最高。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!