メルセデス ニュー Sクラス400@内覧会

内覧会の招待状をいただいた。
早速、出かけた。
Sクラスは対象ではないが、
今回のSクラスに搭載された
最新の技術に興味があった。

やはりSクラスは風格あり。

極上のシート。
パネルもステアリングもウッド。
このゴージャス感。流石Sクラス。

後部座席もゆったり。

トランクスペースは510リットル。

排気量は2996cc。
DOHC V型 6気筒ツインターボ。
私的に特に凄いなと思った技術は下記。

<アクティブディスタンスアシスト・
ディストロニック&アクティブステアリングアシスト>
アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック
(自動再発進機能付)は、高速走行から渋滞時まで、
前走車との最適な距離をキープします。
さらにアクティブステアリングアシストは、
車線のカーブと前走車を、車線が不明瞭な道では
ガードレールなどを認識し、
車間を維持しながらステアリング操作をアシストします。
(メルセデスベンツサイトより引用)

<トラフィックサインアシスト>
一般道や高速道路を走行中、
カメラが制限速度などの標識を読み取り、
ディスプレイに表示。制限速度を超えた場合は、
警告音によってドライバーに注意を促します。
初めての道でも、安心して走ることができます。
(メルセデスベンツサイトより引用)

<アクティブエマージェンシーストップアシスト>
アクティブステアリングアシストがONのとき、
両手がステアリングから離れているのをシステムが検知すると、
警告音が鳴り、ドライバーが反応しない場合は、
さらに警告音を鳴らしながら、緩やかに減速して完全に停止します。
(メルセデスベンツサイトより引用)

他の輸入車もそうだけど、
自動運転の要素技術が
夫々単独のアプリケーションとして
次々に車に搭載されている。
欧州車の技術の展開はほんとに早い。

価格は1128万円。

途中でケーキを楽しんだ。
今回はGTRが私にとって一番のめだま。
ケーキもGTRだった・・・

お土産は・・・

PROUD MENのSuit Refresh
あまり使わないかなぁ・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!