電車旅(その5)湯河原の極上宿 石葉(夕食)

待ちに待った石葉の夕食。
夕食は特別献立プラン。

先付
穴子蓮蒸し 山葵 べっこう飴

献立を見て・・・うーん・・・
一種類の酒ではとても・・・
ということでまずは吉兆宝山をボトルで。

八寸
秋鮭麹漬け 三つ葉 いくら
鯖寿し はじかみ 新唐墨 干し柿砧巻き
大黒占地辛煮 焼き栗

赤く色づいた葉を持ち上げると・・・

こんな感じ。

お椀変わり
すっぽんスープ
焼き餅 生姜
驚きなのが部屋食なのに
熱々で運ばれてくること。
今まで部屋食でこんなに熱々だった記憶が無い。
こうしたことができてることが一流だと思う。

お造り
季節の魚 あしらい
セイコがに、兵庫産の真鯛。
かには身も卵も丁寧に殻から
取り出されていた。
どちらも美味しすぎて・・・

磯自慢大吟醸。

焼き物
相州牛 舞茸
ちゃんと炭火で・・・

シャンベルタンをお願いした。
脂が甘くて柔らかい肉・・・

炊合せ
鰤 大根 針柚子 白味噌仕立て 辛子
あまりの美味しさに二人して大絶賛。
お酒がまわったのか、美味しすぎたのか、
この後の二品の写真を撮り忘れ・・・

強肴
海老芋おかき揚げ 銀難

止肴
ちぢれ法蓮草 椎茸 湯葉

そしてご飯
むかごご飯 へしこ 黒胡麻 香の物 赤出し

水菓子
江戸柿 焼酎掛け
甘味
栗ぜんざい

大満足の夕食だった。
特に炊合せの美味しさには感動した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!