電車旅(その7)湯河原フレンチ HERLEQUIN BIS(エルルカン・ビス)のランチ

何年ぶりだろう・・・
ほんと久しぶりのHERLEQUIN BIS
センスの良い建物、高い天井。
窓から見える竹林、遠くに見える湯河原の自然。
以前来たときになかった駐車場ができてた。

まずはシャルドネをいただく。
車の運転が無いって自由。

アミューズ。

無花果やキウィ等のフルーツと
深みのあるジュレとホタテ。
ベースにはカリフラワーのムース。

パリッとした歯触り。
これも海の幸が中に。

魚のメインは
白鯛又はタラ。
どちらも美味しい。

肉のメインは本州鹿。
私的には珍しい。
だいたい蝦夷鹿だった記憶が。

ジビエは味が濃い。
グラスの赤を注文。

小ぶりの器に盛られた
変わり種の洋風ご飯。
これがとても美味しかった。

デザートその1は
洋ナシのパイ&ソルベ。
クリームが驚くほど美味しかった。

デザートその2は
コクのあるプリン。
エスプレッソを合せた。
プリンお代わりしたかった・・・

高い天井にはほんと癒される・・・
石葉とエルルカン・ビスはセットだな・・・
たまには電車の旅もいいもんだ・・・癒しがある。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!