東京モーターショー2017(その1)ポルシェ

初めて東京モーターショー2017へ。
さーっと会場を見たときに印象が強かったのが
ポルシェコーナーの凄い人だかり。
メルセデスやアウディ、BMWやレクサスも
それなりに人がいたけど、これらの比じゃなかった。

東京モーターショーは普段気軽に見れない車を
見て触って楽しむことができるから
レアな車、メーカーに行ってしまうのはうなづける。

例えばメルセデス。
私が子供の頃初めて「ベンツ」を見たときの驚き。
おじさんに450SELに乗せてもらったときの感動。
今はそれを感じることは無い。
そりゃそうだ。
家から最寄りの駅までのわずかな距離を
移動する間に一体何台のベンツを見ることか・・・
BMWにしてもアウディにしても同じ。

ここまで御三家の車が当たり前に沢山
走っていると、必然的にポルシェがレアになる。
もし、ポルシェが、御三家と同じように
300万円ちょいくらいで買える車を出せば
駅までの移動で普通に何台も見ることになるのだろう。

それにしても最近のメルセデス人気は凄い。
気づけばご近所でベンツを乗っている人が増えている。
Eクラスは少ないが、AクラスとCクラスが沢山。
特にAクラスに人気が高い。
Aクラスは小さいだけでハイグレード車と顔が殆ど同じ。
遠くから走ってくると何クラスか分からないくらい。
人気が出るわけだ。

ポルシェのコーナーを見ながら
そんなことを考えていた。

まずは大勢の人だかりで近づけなかったボクスター。

プラグインハイブリッドのパナメーラ。

「大きいからいいかな・・・」
と言っていたかみさんが
最近になってパナメーラに興味を持ち始めた。

ポルシェに限らずヨーロッパ車はプラグインハイブリッド
の方向なのだろうな・・・
でも思う。確かにガソリンは環境によろしくないけど、
電気をつくるためには火力、原子力、風力、水力等
エネルギーを使うわけだし・・・
ま、風力と水力はエコだから問題無しか・・・
あと燃料電池。
水素を使った燃料電池がどのくらいのびるのか。
何れ水素を使わざるを得ない時代がくるのかも・・・
このままじゃ思い出のモルジブがなくなってしまう・・・

ケイマンS。
ケイマンもSになると1000万超え。
高い911に乗らなくてもこのケイマンSで
十分ドライビングを楽しめる。
次期候補はケイマンSかな・・・

マカン。
丁度いい大きさ。
カイエンより使い易くて
デザインもいい。

このときだけかもしれないが、
ニューカイエンにはあまり人がおらず
マカンに人が群がっていた。
私もその一人。
納車まであと少し。
発注から3か月もかかる。

そしてニューカイエン。
顔はとてもいい。

今回エクステリアでの大きな変化は
テールランプのデザイン。
私はあまり好きじゃないな・・・
左右が分離されているほうがいいと思った。

カイエンに乗ることはおそらくないけど
マカンとカイエンの中間の位置づけで
開発されているサハラを早く見てみたい。
それから、パナメーラと911の中間の位置づけで
開発されている車も見てみたい。

それにしてもせっかく来た東京モーターショーは
フェラーリもランボルギーニもマセラティも無い。
中国のモーターショーはすごいらしいのに・・・
東京モーターショーだけが衰退してくのだろうか・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!