納車 ポルシェ マカンS(その3)車内

車内。
まずドアを開けると
MacanSのロゴ。
シートは標準装備の電動。
今思えばかみさんの希望を無視して
メモリ付を装備すればよかった・・・

シートはオプションのパーシャルレザー。

中央部分には細かい孔。

オプションのエンボス加工。

助手席側のドア内側。
黒のピアノブラックパネルは標準装備。
エントリーマカンに比べ
エンジン音の良さやパワー以外で
Sはこうした標準オプションが充実。

運転席側
スイッチ類は、ドアミラー開閉、
ドアミラー角度調整
ウインドウ開閉、トランクオープン。

やはり、ドアミラー開閉は自動がいい。
オプションを迷っていると
以前乗っていた車のときに実は
とても重宝していた機能を見逃してしまう。

更に言えば、自動ドアロックのことを
すっかり忘れていたこと。
既に5割以上の確率でドアロックするのを忘れている。
エンボス加工のオプションを付けてる場合じゃなかった・・・

インパネとステアリング。
カラークレストがついているだけで
高級感がある。
メルセデスのときはあまり感じなかった。

インパネは左からスピードメーター、
タコメーター、マルチファンクションディスプレイ。
ギアが何気に入れづらい。
特にドライブからリアにするとき。
で、ついつい確認のためにタコメーターに
小さく表示されるギア表示を見るのだけど、
結構小さ目で見づらい。
スピードメータは殆ど見ない。
タコメーターの下に白色で
ポルシェとしては比較的大き目に
スピードがデジタル表示されるからだ。

マルチファンクションディスプレイは、
ステアリングのロータリーノブで
モード切替ができ、必要な情報は
全てモード毎の画面で確認できる。

デフォルトで時計表示がされないので
通常はこの画面のままにしている。
トリップの表示モード。
走行可能距離と時計が見れればオッケー。
マルチファンクションディスプレイや
ナビなどはまた別途。

ルームミラー。
左端に子画面が出て
車の左側面下の映像が表示される。
ルームミラー下部中央のボタンを
押せば表示が解除され、全面表示となる。

中央のモニター。
ナビとオーディオ設定以外の
ものは殆ど見ていない。

手前にドリンクホルダー。

ギアノブとスイッチ類。
エアコンの「AUTO」は左右両方に
ついている。「AUTO」を押すことが
エアコンのオンになるのだが、
オフのスイッチが無い。
これは一番上の温度調整レバーで
LOが表示するまで下げるしかないようだ。
このあたりの変な不便さがポルシェにはある。
メルセデスではこうしたことは全く無い。
それがひたすらラグジュアリーを求める
メルセデスと、走りを中心においた
ポルシェやBMWとの違いなのかもしれない。

色々スイッチがあるが、レーンチェンジアシストを
オンにしっぱなしにしていることと、
今は寒いのでシートヒーターを使うくらいだろうか。
スポーツモードは新車では暫くオンにしない方が
良いということらしいので一度もオンにしていない。

後部座席。
実は後部座席のヘッドレストが
運転席からルームミラーを通じて見る
後方視界を極端に悪くしている。
取り外せるならそのうち取り外そうと思う。

後部座席から見た。

トランクは車内のスイッチのみならず、
このワイパーの下部のスイッチを
押して開けることもできる。

トランク内部は高さがある分
色々積めそうだ。

タイヤ運搬と保管がいやなので
スタッドレスは諦め、
最悪のケースを想定して
チェーンを購入。
かなり重いけど旅先で急に雪が降った時のため。
尚、チェーンは19インチ用までしかない。

閉めるときはトランクのマークが
入っているスイッチを押す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!