伊豆旅行2018春 with マカンS(その6)静岡のザ・居酒屋 角屋

ここに来るために静岡に
来ると言ってもいい。
静岡出身の若手曰く、
「え~!? ただの居酒屋ですよ」

ちがうんだよ!
店内がよく清掃されているし、
調理の加減が素晴らしいんだ。
高い食材は無いし、刺身も無い。
でも、マスターの繊細な調理、
店舗内のマネジメントがいい。
酔うためだけの安い居酒屋とは
わけがちがうんだよ。

開店時刻の4時30分に入り、
まずは生で乾杯。
静岡おでんをつつく。
白焼が好物。

ビールには串揚。
串揚はママさんの仕事。
サクサクで旨い。
もちろん、
ソースの二度づけ厳禁。

そして大好物。
ピーマン肉詰焼。

かみさんは
手羽先焼が好物。
ここの手羽先は
下茹でしているので
身が綺麗にとれる。

ビールの後はお茶ハイ。
静岡に来たらお茶ハイ。
トマトを食べて箸休め。

見事な豚レバ。
新鮮。角が立ってる。
塩でいただく。

しめは静岡おでん。
かつお粉と青のりのだし粉を
たっぷりかけていただく。

楽しくて美味しいと
あっという間に時間が過ぎる。
マスターの笑顔に送られて
名残を惜しみながら・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!