ホタルを求めて伊豆ドライブ旅行 with マカンS(その1)伊東から湯ヶ島へ

以前から計画していたホタル観賞旅行当日。
ホタル見れるかな?と天候を心配しながら出発。
まずは伊東の石舟庵でおやつ休憩。
ここの丹那の朝のプリンの大ファン。
そしてランチは福々亭で〇得塩ラーメン。
いつ食べても美味しい。
行き始めた頃はすぐ入れたけど今は11時30分の時点で列。

ランチの後は近くの杉国商店から干物を発送。
そして湯ヶ島へ。今回は大大大失敗。
ナビで伊東から湯ヶ島の宿泊先を設定したら県道59号を勧められた。
59号、道路は曲がりくねっているし、登り降りが多いし、
しかも、道幅が極端に狭いところが何か所もあった。
平日で空いているときだから良かったけど、
対向車が来たら面倒。1度出くわしたが面倒だった・・・
これなら遠くても河津まで出て天城越えをした方がよほどいい。
とはいえ、一般車の停車が禁止されている山葵畑が続く道を
走ることができたのは良かった・・・

やっと湯ヶ島に到着。車を宿泊先に停め、湯ヶ島散歩へ。
湯の道から。ホタル祭の提灯と注意書きが・・・

川は癒し。

廃墟の前にあったタバコの自動販売機。
最近見ないパッケージばかり。

林野庁の保養所の廃墟。
もったいない・・・

浄蓮の滝まで歩こうと、歩きだしたが
今回も途中で挫折。
休憩、観光込で往復4時間はほしい。
やはり2泊目の昼間に行くしかないだろう・・・

いつも歩く吊り橋。

ホタル観賞時の注意書き。
一応読んで、そりゃそうだよな、と思った。

苔むした湯の道。
滑りやすいので注意。

お気に入りの景色。

鮎釣りシーズン。

湯の道とは逆の方にある吊り橋。

この吊り橋から見える川の色が素晴らしい。

そして伊豆七福神巡りの1つ成就院。
伊豆四国三十三観音の霊場でもあり、
登り口から全ての番所を巡り、59号線まで約900m弱。
今回は時間が無いので諦め。
いつか、このルートと浄蓮の滝までのルートは歩いてみたい。

登り口の途中に珍しい蝶が仲良く飛んでいた。
湯ヶ島はしっとりと落ち着いた癒しの里と言える。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!