ホタルを求めて伊豆ドライブ旅行 with マカンS(その3)アルカナイズ(夕食)

期待感たっぷりでレストランへ。
まずは飲み物。
今回は食後にホタル観賞に行くので
シャンパンと白、赤のグラスワイン4杯のセットで。

タパスが登場。
度肝を抜かれてしまった。
料理長自ら作成した見事な作品に
美しいタパスが並んでいた。

どれも目を楽しませてくれ、
食べるとその美味しさに感動。
あっという間にシャンパンが無くなった。

アミューズ1皿目は、地元の川魚のあまごを使ったカルパッチョ。
まるで絵・・・美しすぎる・・・

特性ソースをかけていただく。
フェンネルやキャビアの風味と相まって美味。
白ワインが進んでしまう・・・

アミューズ2皿目は、アオリイカ。
グリーンピースと山葵を使っていて
柔らかいアオリイカの美味しさをひきたてる。

ここで料理長からのサービスの一品。
敷地内で採れた山菜の揚げもの。
野趣あふれる味。

前菜は駿河湾で獲れた赤座海老。
地元産の黒米の上に乗せられている。
グリーンと白の2種のアスパラガス添え。
ここで1杯目の白ワインが無くなった。

この時期限定の別注の鮎。
骨と頭がカリカリに揚げられていた。
身はしっとりと美味。
肝をつかったソースと一緒にいただく。
合わせて出された白ワインがぴったり。
白では珍しく皮も使っているとのこと。
いい感じの苦味とオーク樽のようは樽香がくせになる。

魚は、金目鯛とさざえ。
金目鯛の皮はパリッと焼かれていて極上。

ほんとはハタが食べたかったが、
かみさんが伊豆牛を食べたいとのことで
私もつきあった。
かなり濃厚で、合わせて出された赤との相性ばっちり。
自分で選ぶより絶対ソムリエだな・・・

紅ほっぺとタイム。
紅ほっぺを凍らせてフラッペにしたものを
全体にかけて仕上げたもの。美味しい・・・

柑橘とジャスミン。
これも美味しい・・・

プチフールの芸の細かさにまた感動。
目で楽しんで味で楽しめるリゾートディナーだった。
次まで待てない・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!