新潟&信州の旅 with マカンS(Final)お宿 なごみ野(食事)

楽しみにしていた夕食。

夕食会場はあちこちに分散されている。
掘りごたつ風の小部屋、
板張りに低いテーブルと椅子が並べられた部屋。
私はこの普通の高さの椅子とテーブルのある部屋がお気に入り。
なかなかこの部屋にあたらなかったので久々だった。

八寸は目にも美しく、味も良い。

とても美味しい地ビール。
ケルシュはとても美味しく飲みやすい。

松茸土瓶蒸。

開けるといい香り。

岩魚の姿造りと信濃雪鱒昆布〆。
これが一番の楽しみ。
生臭さは一切無く抜群。

料理長自ら手打ちされた極上蕎麦。

別注の岩魚の骨酒。
なんと姿焼き。
これが極上に旨い。

信州牛と丸茄子の変わり田楽。

信州サーモン湯葉巻。

この時期の鉄板。栗ご飯。

デザートも創意工夫がされている。
甘露トマト、桃ワイン煮、ピスタチオのムース
抹茶アイス、黒蜜がかけられている。
大満足の夕食。
初めてなごみ野に来てから早7年経つが
料理やサービス、清潔感に一切劣化が無い。
ここまできっちり維持している宿は初めてかも。
部屋に戻り爆睡。

朝食会場はこじんまりとした掘りごたつの個室。

朝食も手抜き無し。抜群。

食後は外のテラスか室内でお茶。

珈琲の香りを楽しみながら
緑でいっぱいの素晴らしい朝を楽しんだ。

部屋: ★★★
風呂: ★★★★
料理: ★★★★★(夜)
    ★★★★★(朝)
対応: ★★★★★
料金: ★★★★★
総合: ★★★★★
備考: 
このお値段の宿では最高レベル。
限られた予算の範囲での料理長の
創意工夫ともてなしの心にはいつも感服。
風呂は狭いがあまり人に会わないので
ゆっくりできる。泉質は柔らか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!