トヨタ 新型 スープラRZ

買い物をした後、スープラの展示に気づいた。
これが新型のスープラか・・・
ヘッドライトの形はちょっと好みじゃないけど・・・
車内のデザインや質感の高さに驚いた。
本当にこれが国産車!?
メルセデスのEクラスより遥かにいい。
この内装はミドルクラスの輸入車を超えたかも・・・
やっぱりトヨタは底力あるなあ・・・と思った。

シートもかっこいい。

ホイルもなかなか。

展示されていたのは約700万円の最上位グレードのRZ。
続いて、約600万円のSZ-R、約500万円のSZと続く。
気になるスペックは下記。
RZ 
直列6気筒 3.0L、8速AT
出力:250kW[340PS]/5,000r.p.m.
トルク:500N・m[51.0kgf・m]/1,600〜4,500r.p.m.
燃費:市街地 8.3Km
内装:アルカンターラ+皮
SZ-R
直列4気筒 2.0L, 8速AT
出力:190kW[258PS]/5,000r.p.m.
トルク:400N・m[40.8kgf・m]/1,550〜4,400r.p.m.
燃費:市街地 9.2Km
内装:アルカンターラ+皮
SZ
直列4気筒 2.0L, 8速AT
出力:145kW[197PS]/4,500r.p.m.
トルク:320N・m[32.7kgf・m]/1,450〜4,200r.p.m.
燃費:市街地 9.5Km
内装:ファブリック

装備は驚くほどいい。必要な装備は全て標準。
最高グレードのRZは排気量が3.0Lでハイパワー。
内装も赤を使ったアルカンターラと超豪華。
2番目のグレードは排気量は2.0Lで
内装は黒のアルカンターラ。
エントリーモデルだけはファブリック。
このあたりの価格設定がとても分かり易い。
86が人気だけど、86より値段が高いスープラは
受注生産という購買意欲をそそる要素もあり、
今後の売れ行きが楽しみな車
最近のトヨタは欧州車を意識してか、
新型のクラウンも乗り心地はまるで欧州車。
デザインもぐっと輸入車っぽくなっている。
スープラは欧州車よりは求めやすい価格で
最高のスポーツカーに仕上がっていると思う。

ポルシェやBMは標準装備が充実していない。
結局、車体価格がメルセデスと同程度でも、
オプション代で遥かに高くなってしまう。
かといって、オプション代をそれなりに払わないと
超不便な車になってしまう。

そういった意味で、トヨタやメルセデスの標準装備は
至れり尽くせりなので、買い易さは遥かに上だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!