今半@人形町 & 吉池@御徒町

かみさんの代わりに買い物へ。
まず人形町 今半へ。
ここにはすき焼きコロッケやビーフコロッケ、メンチ、
車海老フライ、カキフライなど色々あるが、コロッケが特に旨い。
大き目サイズで1個140円と老舗の高級店にしては安い。
老舗はやはりいい。良い材料で誠実につくった商品は本当に旨い。
両親に喜ばれるお土産にもなる。

次に御徒町の吉池へ。
一杯飲りたいのをぐっとこらえ、その分でより良い天然の魚を。
早い時間だったからかタイムサービス。
天然の魚の難民となっている私達にとってここは天国。
下手な居酒屋でどこ産かわからない食材で一人数千円も使うなら、
高級店でしか出てこないような良い食材を家で食べた方がまし。
ということで財布の紐は目いっぱい緩む。
みつけた国産天然の生バチ、脂がのって旨そうだ。
そして、滅多に外食でも食べることのないクエ発見!
しかも2割引。これは買い!この量だと2家族分以上ある。

家に帰ってから即ご飯を炊いて寿司飯をつくった。
生バチは握りに、クエは中心部分を握りに。

こんな極上ネタは中途半端な店では絶対に食べられない。
握り方も大分慣れてきたので食感上々。

端の部分はピリ辛のポン酢で食べることにした。
柚子胡椒は紅だるま
極上の旨さ。
クエの歯ごたえの素晴らしさ、上品な白身の旨みに日本酒が進む。

外食とは何か?と色々考えてみた。
つくるのが面倒、プロの味、自宅とは違う空間、かなと。
そうすると、少なくとも私は「つくるのが面倒」は無い。
「自宅とは違う空間」とは「非日常的」と捉えると、
他にも人が居てわさわさ感がある、素敵な内装と音楽、
といったところか。
我が家は床が無垢のブラックウォールナットで壁は珪藻土。
しかもかみさんがいつも綺麗に掃除をし片づけている。
よって、下手なカフェより遥かに内装がよく生活感が無い。
音楽は、最近、AMAZON MUSICとBOSEの組み合わせで抜群。
そうするとあとはわさわさ感だけか・・・
残るは「プロの味」だが、腕は無いにしてもいい食材を
選んで買うようにしているので、まあ条件の半分は満たすかな。
更に中途半端な外食を減らして月1回か2回それなりの店へ。
そして記念日などにどーんと高級店。
それでいいのだろう、ということで結論した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!