ポルシェ マカンS 車検案内とアプルーブド保証

車検の案内が3通も来た。
前のディーラー、乗り換えたディーラー、
そしてポルシェジャパンの3箇所。
とうとう3年乗ってしまった。
メルセデスのE250 AVは1.7年、
CLS400は2.6年と、車検前に乗り換えてきた。
マカンSは車の運転の楽しさに加え、
SUV特有の運転し易さで私達は大満足している。
当面、セダンには戻れそうもない。
これまで乗ってきた車の中でダントツに満足。

途中でカイエンに乗り換えようと
ディーラーに納車直前のニューカイエンを
見に行ったこともあった。
やはりマカンのデザイン、サイズが最高と分かった。

という経緯もあり、
車検を受けて乗り続ける方向になりそうだったが、
いかんせん故障が心配。そこが最後に迷ったところ。

案内の中に入っていたポルシェアプルーブド保証。
なんだろう?と思って読んだら、新車で3年ついていた
保証が切れるから延長保証ができるというものだった。
この保証は、故障時の修理費用(部品と工賃)が
無償となるというもの。
なので、故障以外での消耗による部品交換は有償。
結局、新車購入時の3年保証を、3年経過後も
別途費用を払って継続できるよ、というもの。
なーんだ。延長保証つければ安心して乗れるじゃん。
ということで乗り換えプランは無くなった。

マカンの補償は、
1.延長保証1年:114,400円
2.延長保証2年:209,000円
3.スタンドアローン1年:157,850円
4.スタンドアローン2年:253,000円
の4種類がある。
尚、3と4のスタンドアローン保証は、
ポルシェ認定ではない中古車や
延長保証が切れたものに適用される保証。

加入条件としては、
1.初年度登録より最長15年延長まで。
2.改造していないこと
3.走行20万キロ以内
4.点検と必要な修理を行っていること
5.111のチェック項目をクリアしていること
となっており、それなりの条件となっている。

ということは、あと1年乗るなら
延長保証1年(114,400円)
あと2年乗るなら延長保証2年(209,000円)
ということになる。
なので、車検時までに決めなければならないけど、
下取り時に残っている保証期間はそのまま
次のオーナーさんへ引き継がれるとあるので
まあ、新車の保証と一緒だから
とりあえず2年にしておこうかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!