年末旅行2020(その3)1年のお疲れ様@ごろさや1日目 伊勢海老堪能

初日の夕方。
ホテルの送迎バスで伊豆急下田駅まで。
下田駅からぶらりとごろさやまで。
駅の前の道路を渡ったところにイルミの通り。
なかなかいい感じ。そして到着。

温かい大将の笑顔にホッとする。
年末にここに来ることが毎年の楽しみ。
いつもの個室。安心。
予約していた大きな伊勢海老が圧巻。

まずは生。
突き出しがいつも楽しみ。
今年は静岡市訪問を断念して食べれなかった生の桜えび。
下田で食べれるとは・・・
「お疲れ様~!」かみさんとジョッキを合せる。
ごくごくっと最初の一口で半分飲み乾す。

即、日本酒。
私h臥龍梅、かみさんは下田マシュー。

大ぶりの伊勢海老の身は甘くとろける。
食感はプリプリ。

二人とも大好物の煮貝。
トコブシがたまらない・・・
日本酒が進んでしまう。

かみさんが必ず注文する下田産若布サラダ。
シャキシャキ肉厚の極上若布。

須崎産大サザエのバター焼。
これが抜群。
かみさんも私も小ジョッキを頼んだ。

伊勢海老のみそ。
ほろ苦い大人の味。
日本酒が進む。

伊勢海老の脚肉。
大ぶりなので脚肉も太い。プリプリ。
ここまでしてくれる料理屋はなかなかない。

そして、私の大好物。
アジのなめろう。
ここのなめろうだと別腹でご飯2杯はいける。
いってしまった・・・

とにかくこのなめろうは極上。
なめろうを注文していた他のお客さんからも
「おかわり~!」の声が飛ぶ。

しめは伊勢海老の味噌汁。
お腹パンパン・・・大満足。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

     
     
error: Content is protected !!