メルセデスベンツ E250 AVANTGARD Sports

2013年に購入したE250AVも
フルモデルでこんなに変わる。
2013年のE250は角ばっていてスポーティーだった。
新しいE250はEクラスらしいデザインになった感じ。

内装は格段に良くなっている。

インパネ周りもシンプルで洗練されている。
とうとうEクラスもディスプレイメータに・・・

ここでまた思う。
シート調整は4種、高級感のあるスピーカー。
少なくともこの部分に関しては
CLS400より遥かにいい。
マイナーチェンジで買うのは考え物だと
つくづく思ってしまう。
2013年のE250もマイナーチェンジ、
2015年のCLS400もマイナーチェンジ。
たまにはフルモデルチェンジで買ってみたい。

後部座席もゆったり。

本来のEクラスのデザインに戻った感のある
丸みをおびた上品なライン。

ラゲッジスペースは
十分すぎる540L。

E250AV以下には
エントリーモデルのE200から
E220dまで5種類のモデルがある。
エントリーモデルのE200との
比較表をつくってみた。

この表には記載していないが、
E250E AV Sportsには、
E200に装備されていない
マルチビーム等が装備されている。
金額差は81万円と大きいものの
パワーや装備、見た目の高級感から
少なくともSportsは選びたい。
パワーを気にしなければ
E200 AV Sportsがお勧め。
E200より52万円アップの727万円。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!