メルセデスベンツ A180スポーツ

最近思う。
車で走っているとき。
前からメルセデスが来るな・・・
次に、何だろ???
顔だけ見てると分からない。
よく見かけるのが新型Aクラスだ。

ダイヤモンドグリル。
上位クラスと同じ顔だ。
近所に停まっている
初期のAクラスを見るたび、
新型Aの変わりように驚く。
超高級になった感あり。

ちなみに上位クラスなら
30年前くらいのメルセデスが
メルセデスらしくていいと思ってる。
とくにSELシリーズは重厚で
とても私が乗れる車ではない
と思うほど風格がある。
運転手付で乗る車って感じ。

ディーラーに展示されている
A180スポーツをじっくり
見ることにした。
実にかっこいい。

シートもスポーティー。

さて、インパネまわり。

ステアリングや液晶など
ほとんどが他のグレードと
共通している。
アルミが随所に使われていて
スポーツ感たっぷり。
ペダルももちろんアルミ。
座った感じは悪くない。
なにしろ私が最も乗っているのは
デミオ1.3Lだし。
デミオの方が天井は高いかな。
そうだ、そのうち
私の愛車デミオもブログに
アップしよう。
ちなみにCLS400はかみさんの車。

ドアノブ部分には
さりげなく赤のステッチ。
高級感が出ている。
しかもアルミも。

後部座席から。

後部座席。
大柄の私には流石に狭い。
けど、普通サイズの人なら
全く問題ないのでは。

トランクスペースは
このタイプでは普通。

リア。
マフラーがスポーティー。
リアライトのデザインは
ちょっとなあと思ったが、
これを読んで下さってる
皆様はどうでしょうか。

A180スポーツ以外には、
A180 Style(298万円 受注生産)
A180(329万円)
A250(534万円)
AMG A45(720万円)とある。
当然のことながら
値段の上昇と装備の充実が比例。

一番安いA180 Styleを買うのは
実は勇気がいるのではないかと思う。
LEDヘッドライト無し、
パワーシート無し等、
ないないづくしだからだ。
車をデザインだけで乗るのも有り。
でも最低限の装備は欲しい。

次に、A180。
LEDヘッドライトは
標準装備だが
パワーシートはオプション。
更にホイルは16インチ。

一方、A180スポーツは、
AMGスタイリングで高級感有、
ホイルも18インチ。
トランクスルー。
ブレーキキャリパー。
とにかく使い勝手も
高級感も遥かに上。
で、差額は61万円。

装備の差、差額を考えると
A180スポーツに
390万円を出したいところだ。

ところで
A250の価格は534万円。
ここまでお金を出すなら
Cのセダンを検討する余地有。
C180アバンギャルドで486万円。

ラインナップが多いメーカーは
そのモデルを購入する目的が
しっかりしていないと
迷ってしまうこと多々。

A180スポーツの
スペック表をつくってみた。

a%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%83%83%e3%82%af

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!