電車旅(その3)湯河原の極上宿 石葉(1)

湯河原からタクシーでまずはかまとらへ。
かみさんはここの干物のファン。
エボ鯛の干物に目が無い。
お土産も含め大量に購入し配送。
そして石葉へ。
到着してタクシーを降りた途端、
二人の男性案内係がさっと出てきて
待合室に案内してくれた。

座って間もなく施設の説明を
しながら部屋まで案内してくれた。

部屋は「草楽庵」という離れ。
源泉掛け流しの半露天、
パウダールーム、
書院造りの和室、広縁、
ベッドルームという構成。

小道を歩いて行くと
池のある庭に出ることができる。
勿論、草楽庵専用。

ガラス戸を開けていただき
部屋へ・・・

お茶とお菓子をいただく。
きみしぐれ、抜群に美味しい。

床の間と床脇。

広縁。

広縁から見た景色。

奥には書院。

書院の小窓から見た景色。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!