デパ地下最高!

最近気づいたこと。
スーパーの生鮮、特に魚の質が変わった。
★真鯛 以前は天然真鯛の刺身が置かれていたが、
今はどこも愛媛産の養殖真鯛。
★鮭 以前は国産の銀鮭が売られていたが、
今はどこもチリ産のトラウトサーモンや
ノルウェー産のノルウェーサーモン。
たまに売っている国産の鮭はPH調整剤入。
★海老 冷凍コーナーには大正海老などあるが、
生(解凍)のコーナーにはアルゼンチン産赤海老。
★鮪 殆どが養殖マグロ。あまり出ていなかった
天然のキハダやびんちょう。
野菜も外国産のものがどんどん増えている。
近所にはスーパーが沢山あるが、どこも同じ。
しかも過去の価格と比較するとかなり値上がりしている。

そんなぼやきがかみさんから義姉さんに伝わった。
義姉はデパート命。
なんでもデパートの食材は質の割に値段が安いとのこと。

ということで、帰りがけに渋谷の東急に寄ってみた。
いきなり大好きな蕪を見つけた。
それも小玉が7個で198円!!!驚いた。
スーパーの蕪は中玉3個で198円以上はする。
気づいたら夢中になって食材を買っていた。

生きた白魚が989円。信じられない。
白魚の踊り食いは九州や山陰に行かないと
なかなか食べれるものじゃない。

そして、天然の真鯛。
大ぶり肉厚の上物が税込1,330円。

辛子明太子が300gで税込990円。
アラスカ産の大ぶり肉厚鮭が4切で税込1,056円。
つぶ貝が561円。
驚いてしまった・・・スーパーの方が割高じゃないか・・・

一方、最近、良く行く近場の飲食店の質が変わった。
しかもお会計をすると以前よりも沢山注文していないのに
以前の会計の1.5倍以上。
しかも、量が減り、食材の質が粗悪になった・・・
そんなこともあり、今後は近場での外食を減らし、
バランスの良い遠くの飲食店に数少なく行くことにした。
近場だからと安かろう悪かろうになった飲食店に
頻繁に行って散財するより、たまにでいいから
その分でレベルの高い飲食店に行った方がいい。

例えば、料理と酒で1人4,000円くらいの飲食店に
2人で毎月5回いけば4万円。
だったら、1人1万円の高級店に毎月2回行くほうがいい。

そして、私達の生活スタイルも変わった。
近場の飲食店での外食が殆ど無くなり、
家飯、家飲みが殆どになった。
それは、デパ地下食材で家飯、家飲みするほうが、
近場の飲食店で外食するより遥かに安いし、
満足感が高いからだ。

Quality of Life!
デパ地下最高!!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!