2017年末旅行 with マカンS(その2)アルカナイズ(夕食)

お楽しみのディナー。
料理長がかわったとのこと。
以前の料理長は野菜中心。
新しい料理長はどうなのか・・・

ワインは料理に合わせて
セレクトしてくれる4杯コース。
最初はシャンパン。

別注の自家製キャビア。
マッシュポテトをボール状にして
揚げたものと一緒に。
塩気が控えめで美味しい。

魚のカルパッチョ。
盛り付けが美しい。
そして旨い・・・

ワインはオーストリア産。
農薬の使われたことのない土地が選ばれ、
無農薬、耕す鍬ですら木製。
そんな信じがたい環境で育ったブドウで
つくられた白。飲み口がハーブっぽかった。
カルパッチョに合う。

伊豆の地物ばかりを
使った創作料理。
どれも抜群の美味しさ。

続いて白。

赤座海老が使われた一品。
これも盛り付けが美しく味も抜群。

シェフのサービス。
濃厚な茸のスープ。

牛蒡を使った料理。
盛り付けも味も抜群。

ソテーした平目は
鮮やかなグリーンのソースでいただく。
アサリのスープをベースに
ブロッコリーで色鮮やかに仕上げられたソース。
これも極上の味。

ソムリエは料理に合わせて
4杯コースの各ワインの量を減らし
5杯提供してくれた。
こうしたサービスはリピートを確実にする。
しっかりとした赤。

メイン。
私は伊豆鹿。
濃厚なソースと抜群に合う。

かみさんは伊豆牛。
コクのあるしっかりとした肉質。

デザートその1。
柑橘系のソルベやパンナコッタ。

デザートその2。
紅ほっぺのムース。

プチフール。
大満足のディナーだった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!