春の下田へ with マカンS(その1)

GW突入前に下田へ。
前日に洗車して綺麗になったマカンS。
早朝、エンジン始動時の音がうるさい。
お隣さんに悪いなと思いつつそそくさと出発。
意外に車が多く、予想と大きく外れ・・・
それでも8時過ぎには道の駅 天城越えに到着。
反対側のグリーンガーデンの花が満開。

10時前くらいには尾ヶ崎ウイングに到着

下田駅を通過して弓ヶ浜方面へ。
道の駅 下加茂温泉 湯の花に到着。
お目当てのセミノール、甘夏、ニューサマーをゲット。

下田に到着。
平野屋へ。

かみさんはミックスピザ。

私は定番のビーフシチュー。

サービスのアイスクリームと珈琲。

食後にぷらぷらと山田鰹節店へ。
焼きばら海苔ゲット。
続いて下田時計台 フロントへ。
ここで親へのお土産を買っておく。
今回は1泊なので効率重視。

フロントでは海苔の佃煮を必ず買う。

そして今回見つけた下田ミルクもち。
もちもちの食感。しかも激ウマ。

可愛いカエルの置物。
誕生日旅行の記念にと、かみさんが買ってくれた。

蓮台寺温泉に到着。

吉田松陰寓寄処へ。
吉田松陰が滞在していた隠れ家。
入館料は100円。無料で丁寧な説明も受けられる。

内風呂。

隠し階段。
閉じると2階が無いように見えるそうだ。

2階の隠し部屋。
吉田松陰はここに潜んでいたとのこと。

皮膚病だった吉田松陰はここに通っていたそうだ。
なんでも、ここの温泉だけは硫黄泉だったそうだ。
硫黄泉は地震の影響で止まったそうだ。
吉田松陰が松下村塾をつくったときは24歳。
処刑されたときは29歳。
明治維新前後に活躍した偉人達を育てた功績は大きい。
伊藤博文も松下村塾出身。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!