金沢の旅(その1)金沢散歩

一度も金沢に行ったことのないかみさん。
GWに連れていくことにした。

初めての北陸新幹線。
普通車両の指定席ながら
仕事で乗る東海道新幹線とは違って
前の席との間がゆったり。
左右も心なしかゆったり。
しかも新型だからか
席に1つコンセントがある。

約2時間40分で金沢に到着。
東海道新幹線と違って
停車駅が多かった。

ホテルに荷物を預け、
早速、金沢散歩。

まずはかみさんリクエストの兼六園
兼六園の入園料と市営の美術館等から
1箇所選べる500円のセットチケットをゲット。

兼六園を一通り楽しんだ後、
兼六園と金沢城公園の間の
道を東側にテクテク。
浅野川を渡って東の茶屋街へ、

いい雰囲気。

黄金の蔵があるショップ。

こちらは
浅野川沿いにある料理屋街。

東の茶屋街から大手町を抜けて
香林坊に向かう途中、
柳宗理記念デザイン研究所があった。
軽く見学。

更に途中で趣のある建物が。

利家公とお松が祀られている尾山神社
日本最古の避雷針を持つ和漢洋折衷の神門。
ステンドグラスがとてもいい感じ。

利家と松の寺で有名な
宝円寺は次回。

狛犬も洋風。

お泊りは金沢東急ホテル
部屋はゆったり。
香林坊の中心にあって
飲み歩きには最高の場所。

東の茶屋の不室屋
買った限定の生麩饅頭で
疲れを癒す。
なんと15キロも歩いていた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!