北陸グルメの旅(その6)禅の道場 大本山 永平寺&けんぞう蕎麦

一度も行ったことのないかみさんを永平寺へ。
私は20代の頃に来たけど記憶が殆ど無かった。
入り口で拝観料をお支払し、中へ。
見学コースは殆ど中なので楽。

福井と永平寺の繁栄を願って
永平寺の改修費用のための寄付をさせていただいた。
すると、このようなありがたいお品を頂戴した。

と思ったら、急で長い階段。
スリッパで歩くのは危ないしキツイので
裸足で歩いた。

ゆく年くる年でよく撮影される場所だという。
私はゆく年くる年を毎年楽しみにしている。
炬燵に入ってゆっくり年が明けるのを待ちながら、
各地のお寺や神社の実況を楽しむ。

誰でも申し込めば低料金で禅の修行が可能。
1週間くらいかみさんを送りこみたい。
早ね早起き、寺の掃除、座禅、精進料理。
きっと綺麗に痩せて帰ってくるはずだ・・・

拝観後はお目当てのけんぞう蕎麦へ。
福井出身のお友達が予約しておいてくれた。
それでも待ち時間があった。とにかく人人人。

4人で10合はちょっと足りなかった。
10割蕎麦と思えないほどののど越し。
香りも感じるほど新鮮。
蕎麦の色がとても綺麗で食欲が湧く。
辛み大根の汁にそばつゆを入れて
すするのだが、すすり方を間違えるとむせる。
そーっとくちのなかにゆっくりとそばを吸い込む。

福井名物のおろし蕎麦。
私は辛み大根の汁で食べる蕎麦が相当好み。
いくらでも入る。
隣の客によっては落ち着いて食べれないのが難点。
私の隣にはとても行儀の悪い子供がいたし・・・
混雑や店内の環境を考慮しなければ
味という意味では間違いなく★5つ。
間違いなくこれまで食べた蕎麦でベスト3に入る。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

error: Content is protected !!